> 企業情報トップ > 社長挨拶

社長挨拶

トップメッセージ

当社設立時、創業者は日本除雪機製作所が目指す物作りの方針をこのように述べました。

当社はこの経営理念に従って1962年の創業以来北海道・札幌の地において一貫して雪国の生活環境向上に貢献すべく除雪機械事業を行ってきました。そして現在、除雪機械のトップメーカーに成長し、当社製ロータリー除雪車の型式「HTR」は国内だけでなく海外まで知られるようになりました。また除雪機械の製作で培われた技術は軌道モータカー、機関車、重量物運搬車などの特殊車両の分野までに広がっています。

当社には北の大地が育んだチャレンジ精神が息づいています。

環境保全が世界的潮流の中、除雪機械をはじめとする特殊車両においても排ガス規制対応・省エネ等が重要視されています。当社はいち早く排ガス規制対応車の開発・市場投入を行うだけでなく、世界初のハイブリッドロータリー除雪車を開発しました。 この開発で取得した技術は他の製品への展開を睨んでおりさらに開発を継続中です。そのほかに鉄道事業者殿と共同開発の軌陸両用車両、200tを超える重量物運搬車、スキー場で活躍するゲレンデ整備車などはチャレンジ精神の賜物といえます。今後も当社は若い力を結集し、いろいろな事業分野にトライしていきます。

当社では新中期経営計画において「除雪車両と産業車両を事業の2本柱とし安定的な収益体制を構築することによりトップクラスの特殊車両メーカーとしての地位を確立する」という基本目標を定めました。

重点施策を
・高品質な物づくりによる顧客信頼度の向上
・新規市場を含めた積極的営業活動と製品開発による新たな収益基盤開拓
・弛みなきコストダウン活動の推進
・生産拠点の整備による生産能力向上と効率化
・外部人材招聘、研修制度充実等による人材育成とし、中計目標の実現に向け邁進しています。

NICHIJOは、これからも従業員全員が創業時の理念を忘れることなく、お客様をはじめとするお取引先、地域社会、株主様等ステークホルダーの皆様のご信頼とご期待にお応えしながら成長を続けてまいります。


PAGETOP