> 採用情報 > 先輩社員の声(事務系)

先輩社員の声(事務系)

NICHIJOの社員として各部署で働く先輩たちの、仕事の内容や夢について、現場の声を聞くことができます。

事務系 Office worker

わたしがNICHIJOを選んだ理由

大学の求人の中でNICHIJOを知り、その求人は給与・ボーナス・休日・福利厚生がどれも充実した内容だったので興味を持ちました。また、同じ大学の卒業生も今でも辞めずに続けておりいい会社だと就職支援課の方にも勧められ、受けてみようと思いました。私の就職活動は接客業を中心に行っていましたが、なかなか上手くいかなかったため、事務職にも視野を広げてみたところ、幸いにも内定をいただくことができました。

現在の仕事内容

私は管理部管理課に所属しており、請求書の伝票処理や入金処理、支払業務や月次業務、固定資産の管理など主に経理業務を担当しております。日々細かい数字を確認しなければならないので大変ですが、会社の資金に関する業務なのでミスがないように注意しています。経理業務以外にもカレンダーの作製や製品の写真撮影、販促グッズのデザインの考案など広報の仕事にも携わっており、日々新鮮な経験をたくさんさせていただいています。

NICHIJOの魅力とは

働く環境が整っており、働きやすい会社であること。まず休日が多いので趣味や旅行などでプライベートを充実させている社員がたくさんいます。長期連休も十分にあるので、実家が少し遠い私にとっては長く実家で過ごすことができるのでありがたいです。また福利厚生もしっかりしており、産休・育休を取得して子育てと仕事を両立させている女性社員もいて、ずっと働くことができます。家族や友人に会社の話をすると羨ましいと言われるほど魅力ある会社です。

仕事で感じた“やりがい”とは

知識と経験が身につき役立っていくこと。当たり前ですが入社した当初は業務内容・仕事の流れ・会社の仕組みなど何もわからず、ただ指示された業務だけをこなすことで精いっぱいでした。特に経理の仕事は奥が深く、理解が難しいですが、疑問に思ったことはすぐに調べて追究していくと、初めは理解できなかったことでも段々と理解できるようになります。他部署から質問を受けた時にすぐ対応できることや経理担当者として頼りにしてもらえることにやりがいを感じています。また、広報活動の中で自分が携わった販促グッズやカレンダーが形になっていくことにも喜びを感じます。

入社してからの一番の思い出は

入社して一カ月も経たない頃、同期社員4人で研修のために神戸出張に行ったことです。入社後はずっと社内研修を受けており、研修の休憩中は雑談もせず過ごしていたのでお互い名前くらいしか知らない状態でした。初めての出張でもあったので緊張と不安でいっぱいでしたが、研修の自由時間では同期社員で観光を楽しみ、夜景を見たり、神戸牛を食べたりと有意義な時間を過ごすことができました。それもいい思い出となり、研修に参加できなかった同期も含めて、今は同期会を開いて親睦を深めています。

今後の目標を教えてください

まだまだ先輩方に頼ってばかりで、確認の甘さと理解力不足でミスをしてしまったり、後輩への指導ができていなかったり、至らない点が多いです。書類作成にしても確認を怠れば、小さな数字の間違いが大きなミスへと繋がります。常に完璧なものを求め、経理の知識をさらに深めていき、周りから信頼してもらえるように頑張りたいと思います。そして何事も恐れず挑戦していくことでいろんな経験をし、その経験を活かして後輩にも伝えていきたいです。

学生のみなさまへメッセージ

学生のみなさん、就職活動お疲れ様です。企業研究や自己分析、履歴書作りや面接練習など毎日大変で嫌になっているかと思います。なかなか内定を貰うことができず、焦りや不安もあるかと思います。私からアドバイスさせていただくのであれば第一印象は大事だということです。採用試験は会社の玄関をくぐった時点でスタートしています。基本的なことですが挨拶・笑顔・態度・姿勢をしっかりとし、入社したいという気持ちを伝えることができれば、内定へと近づけると思います。今が踏ん張り時です!頑張ってください!


わたしがNICHIJOを選んだ理由

ご縁があると思ったからです。
受験するまでは社名も除雪車の事も全く知りませんでしたが、他の企業の試験前にたまたま寄った合同企業説明会でNICHIJOのことを知り、「昔から車が好きだったし車に関わる仕事もありかな~」,「本社が札幌市だし、土日休みだし」といった理由から受験する事を決めました。他の企業と選考が重なる事もなく、順調に選考が進み迅速に内定を頂いたのでNICHIJOで働く事に決めました。

現在の仕事内容

製品に関わる部品の調達業務を行っています。
主な内容は部品の購入先の選定・技術部と連携し部品メーカーの選定、価格交渉と納期調整です。また展示会等で新製品などの情報収集を行ったり、部品メーカーの工場視察なども行っています。担当している部品はエンジンやタイヤなど大きな部品からボルト・ナットなどの小物部品まで幅広いです。調達先のほとんどが国内ですが、直接海外から調達している部品もあります。海外とはメールで連絡を取り合うため、四苦八苦しながら英文の読み・書きをしています。

NICHIJOの魅力とは

特殊な車両を製造している事です。
製造業の中でも弊社は「車両」という完成形のモノを製造しております。そのため実際に動いている姿や働いている姿を見ることが出来ます。また特殊な車両のためNICHIJOでしか作っていない、NICHIJOでしか出来ないものあり、他社が真似出来ないモノを作っている事も魅力の一つです。
そのためメディアに取り上げられる事もしばしあり、製品がTVや新聞で活躍している姿を見ることもあります。その時は知人などに「ウチの車すごいだろ」と自慢しています。

仕事で感じた“やりがい”とは

魅力という点と少し重なってしまいますが、自社の製品が世の中で活躍している姿を見た時です。我々がものづくりを出来ているのは、我々の製品に需要があるからです。なので我々の製品がその需要に応えている姿を見ると、この仕事にやりがいを感じます。特に除雪車や散布車などは普段の生活の中でも見る機会があります。
例えば冬の時期に遅い時間まで残業をし、その帰り道に自社の製品を見た時は「明日からまた仕事頑張ろう」と思います。

入社してからの一番の思い出は

社屋の移転です。私自身、小・中・高・大学と歴史ある校舎で過ごしてきたため、新しい建家というものに憧れがありました。入社した時は学生の時と同様に歴史ある社屋で仕事をしておりましたが、2015年の3月に新社屋に移転しました。仕事をしながらの移転準備・作業だったため、非常に忙しかったですが、真新しい社屋に初出社した日はとてもすがすがしい気持ちでした。社屋移転のタイミングに立ち会えたことは運が良かったなと思います。
さらに会社が大きくなり、在職中にまた社屋の移転や建て替えが出来たら良いなと思っております。

今後の目標を教えてください

社内、社外から信頼されるようになることです。
「浮田に任されば」、「浮田が言うなら」と思われる存在になりたいです。そのためには信頼を失うことは絶対にせず、より一層日々の業務を真剣に取り組んでいかなければならないと思っております。それから二つ目の目標としては体調管理をしっかりと行うこと。入社してから毎年体調不良(主に風邪)などで会社を休んでしまっております。急な休みは周りの人に迷惑をかけてしまうので、そうならぬよう努めていきたいです。まずは1年間体調不良などで休むことなく出勤することを目標としています。

学生のみなさまへメッセージ

就職活動は気負わずに行うことをお勧めします。
就職活動中は「相手に良く思われよう」「格好良い事を言おう」などと考えてしまいます。このように考えることも大切ですが、度が過ぎると相手(企業)に良い印象を与えないと思います。ありのままの自分を自分の言葉で表現し、自分に合う1社を見つけてください。最後に、少しでもNICHIJOに興味がありましたら、是非NICHIJOに来て下さい。OB訪問等は大歓迎です!お待ちしております!


PAGETOP