> 採用情報 > 先輩社員の声(技術系)

先輩社員の声(技術系)

NICHIJOの社員として各部署で働く先輩たちの、仕事の内容や夢について、現場の声を聞くことができます。

技術系 Engineer

わたしが日本除雪機を選んだ理由

幼い頃から機械や理系科目が好きで、漠然と設計などの職業に就きたいと考えていました。また、生まれ育った北海道に恩返しをしていきたいという思いがあり、社会貢献に繋がるような会社で働きたいと思っていました。
就職活動中に日本除雪機製作所を知った瞬間に、北海道を含めた雪国の生活向上に貢献しながら設計の仕事に携われる理想の会社だと思い働きたいと思いました。

現在の仕事内容

軌道車全般の開発・設計をしています。軌道車は同じ種類の車輌でもお客様によって仕様が細かく違うので、既納車に対する改善を反映させるのはもちろんのこと、お客様の要望に応えられるよう設計をしています。また、最近は新機種の開発にも携わっています。

日本除雪機の魅力とは?

除雪車にとらわれず色々な製品にチャレンジしているところです。私が所属している軌道チームは特に様々な車輌を設計していて、除雪車はもちろんのこと、牽引車に保守車輌、そしてDMVと言った様々な車輌の設計に携われます。
色々な車輌に携われるお陰で、毎回新鮮な気持ちで仕事を進められますし、色々な知識や経験を得られ、より成長出来ている気がします。

仕事で感じた“やりがい”とは?

実際に自分が設計して作られた部品を見たときです。一番初めに設計した部品はあまり大きくなく複雑なものでもなかったのですが、それが実際に作られて、ちゃんと車に取り付けられたときの感動は今でもはっきりと思い出せます。その時の嬉しさを思い出すと、また仕事へのやる気が湧いてきます。

仕事で感じた“きびしさ”とは?

部品を作る人、車を組み立てる人、そして実際に車を使う人を意識して設計していかなければならないということです。わかりづらい図面を描けば問い合わせの電話がかかってきますし、組立てづらい設計をしても現場から電話がかかってきます。そして無事完成してから、使いにくい部分が判明することもあります。
少しでもそのようなことを回避できるよう、作る人・使う人の視点に立って設計するよう心がけています。

自分の成長を感じるときはどんな時ですか?

任せてもらえる仕事の難易度が上がって来た時です。入社したばかりのときは本当に簡単な図面を描くだけでしたが、今では上司や先輩がどんな部品が欲しいかのイメージを聞いて実際に設計するようになりました。今後はさらなるスキルアップを目指し、早く一人前の技術者と認められたいです。

学生のみなさまへメッセージ

とにかく色々なことを経験してください。時間を自由に使える学生のうちにしか経験できないことがたくさんあると思います。
そしてその経験を糧にして、様々な角度から物を見ることができ、柔軟な発想ができる技術者を目指してください。


わたしが日本除雪機を選んだ理由

小さい頃から自動車が好きで高校は自動車科、その後機械全般に興味を持つ様になり大学へ進学し、勉強していく中で設計をしたいと思いました。就職活動の時期になり道外企業も考えましたが、生まれ育った北海道で何か役に立つ仕事をしたいという意思が強かった為、道内企業を探していました。そこで日本除雪機製作所という会社を知り、調べるとこの会社なら北海道から全国へ役立つ仕事ができると思い、この会社に決めました。

現在の仕事内容

中大型ロータリ除雪車、定置式散布装置の設計・製図に関する業務に携わっています。また、お客様の要望に応える為に改良設計を行なう事もあります。さらに製品の製造現場からの要望に応え、品質向上・コストダウンにも力を入れています。新機種を設計するときは特別にチームを組み、その中では製図・購入品の選定をします。

日本除雪機の魅力とは?

社員の技術力の高さ、団結力の強さに魅力があると思います。社員全員が日々業務の改善に努め、職場環境の改善を行ない、働きやすい職場を作ります。良い環境でなければ良い製品は作れません。また、社員の仲の良さは働いていて日々感じられるほどです。企業訪問でお越しの際は是非、魅力を聞いてみて下さい。誰でも簡単に答えられるはずです。

仕事で感じた“やりがい”とは?

設計者は想像を形にすることが出来ます。弊社は積極的に新しいことへチャレンジ出来るので、入社数年の私でも製品改良のため試作部品を考え、設計することが出来ます。出来た部品を実際に取り付けて試験・評価を行ない、失敗もします。その失敗を乗り越えて製品になった時に頑張って良かったと“やりがい”を感じます。

仕事で感じた“きびしさ”とは?

生産台数が多くても車両の納期は守らなければなりません。その為には設計するスピードと正確さが求められます。設計するにあたり、お客様の仕様や道路を走る車は法律を守らなくてはなりません。「知りませんでした」は通用しません。その責任と緊張感に“きびしさ”を感じます。何度も自分の中で何が正しいか考えなければなりませんが、時間には限りがあります。時間内に完成させるため無駄な失敗を避けることに気を付けています。

自分の成長を感じるときはどんな時ですか?

入社当時は先輩が計画した部品を作図、その他部品の改良等をしていましたが、今では自ら部品の計画をして試作品を作り、試験するようになりました。様々な業務を任されるようになった時に成長を感じますが、正直まだまだです。物事を良く理解し、理論的に説明出来るようになってから初めて技術者として成長できたと言えると考えています。

学生のみなさまへメッセージ

取り柄を1つ持ちましょう。勉強でも趣味・遊びでも「これだけなら誰にも負けない!」というものは強みになります。また、今一緒に頑張っている仲間を大切にしてください。今後もどこかで力になってくれるはずです。ちなみに私は会社で挨拶と返事は一番だと思っています。また、就職してから中々会えない仲間もいますが、会うたび元気を貰えるので仕事も頑張れます。


PAGETOP