> 採用情報 > 先輩社員の声(製造系)

先輩社員の声(製造系)

NICHIJOの社員として各部署で働く先輩たちの、仕事の内容や夢について、現場の声を聞くことができます。

製造系 Assembler

わたしがNICHIJOを選んだ理由

小さい頃から自動車やオートバイなどの乗り物や機械に興味があり、自動車関係の職業に就きたいと考えていました。学校で行 われた企業説明会で当社の仕事内容や製造している製品を知り、一から車両を製造出来ること、除雪車以外でも様々な車両の製 造に携わることが出来ることに魅力を感じました。 また、先輩社員の話を聞き、レクリエーション等の行事が多く会社全体の雰囲気が良くて働きやすそうだと感じたことも理由の 一つです。

現在の仕事内容

入社当初から曙工場で勤務し、凍結防止剤散布車や軌道モータカ-、特殊車両、小形ロータリの組立をしています。主な担当は 配電盤や車体ハーネスなどの電気関係、車両を組み上げたあとの装置各部の作動確認などを担当しています。

NICHIJOの魅力とは

製品の設計開発、製造、販売を一貫して行うことで現場からの要望や新機種の製造などに迅速に対応出来るところです。また、 除雪車両メーカーとして歴史が長いため、知識やノウハウが豊富で技術力がある社員が多いです。社内の雰囲気も良く部署間の 交流も多い為、何か問題が起きた時でも相談し合えるとても働きやすい職場です。

仕事で感じた“やりがい”とは

新機種の車両の組立にやりがいを感じます。構造や仕組みを理解しないで間違った組立をすると最悪の場合、車両を壊すことに 繋がってしまう為「この装置はどういう動きをするのか」「この配線は間違っていないか」など同僚や設計担当の方と色々と悩 みながら完成させ、無事に自分の思った通りの動きをしてくれた時に一番達成感を感じます。

入社してからの一番の思い出は

入社1年目の時に、当時製造していたDMV(デュアルモードビークル)の組立に参加出来たことです。1年目ということで不慣れ な事だらけで、先輩の足を引っ張りながらの組立でしたが無事に完成して工場を離れ、テレビのニュースで元気に走っている姿 を見た時は思わず感激してしまいました。

今後の目標を教えてください

自分の技術・知識を磨いていくことはもちろんですが、より働きやすい職場づくりと、後輩社員の育成に力を注ぎたいです。先 輩方から教わった技術をしっかりと受け継いで、より品質の高い製品を作っていけるようにしたいと思います。

学生のみなさまへメッセージ

学生の内に経験したことは、この先の長い人生でとても重要になってきます。貴重な学生時代を無駄にせずに色々な経験や知識 を身に付け、広い視野で物事を見ることが出来るようになり、ぜひNICHIJOの一員になって下さい。


わたしがNICHIJOを選んだ理由

私は北海道で働きたいという思いがありました。そこで学校の先輩からNICHIJOの事を紹介される機会があり、この会 社ならその望みも叶うと思い選びました。更に、雪国である北海道には欠かせない、除雪車の製造に関わる事で、地元の人々の 生活に役立てると思ったことも選んだ理由の一つです。

現在の仕事内容

現在は、稲穂工場にて勤務し、当社の主力製品であるロータリ除雪車の除雪装置の本体部分の製作や、除雪枠の製作工程を担当 しています。

NICHIJOの魅力とは

製品の開発から製造までを自社で行っている事が魅力であり、また強みであると思います。常に、新製品の開発に積極的であ り、目まぐるしく変わる世の中の動きに飲まれることなく、長い歴史を生き抜いてきたのは、会社全体で挑戦し続けているから だと思います。

また、人との繋がりがとても強いと思います。社内レクリエーションや、社員旅行などの行事を通じて、世代を超えた交流が出 来ます。そこから生まれる繋がりが、業務でのチームワークにも繋がっています。

仕事で感じた“やりがい”とは

自分自身の物作りに対するこだわりや、思いが製品という形に現れ、目に見える形で将来に残り続けることがこの仕事のやりが いだと思います。その物作りに対するこだわりが、製品の品質を左右すると私は考えています。 また、昔はできなかった作業が出来るようになったり、先輩社員が担当していた作業を任せてもらえるようになったりすると成 長を感じられるのでやりがいを感じます。後輩が成長して新しい作業を任せる時も、同じくやりがいを感じます。

入社してからの一番の思い出は

入社一年目の冬に仕事が終わって自宅に帰る途中、当社ロータリ除雪車の作業現場を初めて見たときのことが思い出に残ってい ます。作り手は、お客様と直接顔を合わせる機会が少ない為、自分の仕事が人々の生活に深く関わっていることを実感できとて も嬉しかったです。今でも自分が作った製品が除雪した道を歩くと、そのときのことを思い出します。

今後の目標を教えてください

毎年新入社員が増え、気がつけば職場には自分よりも若い社員が半数を超えるようになりました。そして、今では私が除雪枠製 造の先頭に立っています。チーム全体で一歩一歩成長し続けられるように、先輩から教わったノウハウをしっかりと後輩へ伝 え、フォローにも力を入れていきたいです。また、「今の除雪枠の出来が一番良い」と言ってもらえるようチーム一丸となって 仕事に励み、常に成長し続けられる職場でありたいと思います。

学生のみなさまへメッセージ

学生の内にしか出来ない経験はもの凄くあります。そして、それは社会人になってから経験する事は出来ません。好きな事、や りたい事に熱中して欲しいです。年齢を重ねると好きな事もやりたい事も自由にやることが難しくなってきます。私自身も感じ ていますので、好きな事を自由にできる今を大切に過ごして下さい。


PAGETOP