> 技術開発
お客様のニーズに応える製品造りを目指して・・・

私たちNICHIJOは、長年培われてきた技術力に驕ることなく、将来へとつながる独自技術の開発を積極的に推し進め、優れた高い技術水準の製品をお客様に提供するため、
日々、製品開発に取り組んでおります。

油圧制御技術

●HST

当社の油圧制御技術は、静油圧トランスミッション(HST)により車両が要求するトルクと速度を最適な状態に保ちながら、効率的な製品の稼働を実現しております。
※HSTとは、Hydro Static Transmission の略です。

●油圧クラッチ式シャーピンレス装置

除雪作業中、雪中の異物を噛み込んで負荷がかかると、油圧クラッチが自動的に切れることによってオーガ回転が止まり、機械の破損を未然に防止することができます。運転室内のボタンひとつで簡単に復帰する事ができます。当社は厳しい環境の中でも安全で容易な作業環境を実現するための開発を進めております。

設計開発

●3D-CAD・電気CADを駆使した設計・シミュレーション

当社の製品は、3D-CAD、電気CAD を駆使し設計され、設計段階において構造体強度のシミュレーションなどを行い、高品質製品の具現化を図っております。

●過酷な環境での使用をイメージした性能試験

3D-CADでの構造体強度シミュレーションだけでなく、試作機等実機を用いた応力測定を行い強度の実証を行っております。また、過酷な環境での使用をイメージした性能試験を繰り返し行い、高品質な製品の開発を進めております。

電気・電子制御技術

●電子回路基板のソフトウェア設計、開発

当社の製品はメカニクスとエレクトロニクスを融合したメカトロニクス技術を活用し高度な制御を実現しています。その制御のため当社専用のマイコン基板を開発しソフトウェアも自社にて開発しております。これにより利便性と汎用性の高い製品の供給を実現しております。

●車両状態モニタシステム(タッチパネル搭載)

運転室内に装備したモニタ装置で、車両の情報を管理、記録しリアルタイムに状態を確認出来ます。突然のトラブルに対する応急復旧、故障原因究明、日常の点検等時間短縮を図れます。タッチパネル操作のため操作も簡単です。
当社は、オペレーターの負荷を軽減する装備の開発を積極的に推し進めております。

●同期運転制御システム(CANによる重連運用)

車載機器向けの通信規格であるCANを2ch搭載し、複数台の車両間や制御機器間での情報共有が省配線で可能となっております。主車両の走行操作に応じて、従車両のエンジン回転数・可変容量ポンプを省配線で同期制御する事を可能にしました。
複数台の機関車等を重連ケーブルで繋ぐことで1名の運転手にて複数台の機関車を同期させ運転する事が出来ます。


PAGETOP